住まい

物置のおすすめメーカーはどこ?メーカー別の特徴をご紹介

こんにちは、ケニーです。

1年程前に建売の新築住宅を購入しました。同時に物置も購入しました。

そこで今回はマイホームを購入した際に必須である物置のメーカー別の特徴をご紹介したいと思います。

1.メーカー別の主な特徴

イナバ物置画像

引用元:株式会社稲葉製作所

  イナバ

こちらではスタンダードモデルである中型物置ネクスタ[NXN型]をご紹介いたします。

・扉の厚みはNo.1!イナバの扉は0.8mm

・床下の梁が1本多いためより強固。

・屋根傾斜の変更が唯一可能。(専用モデルあり)

・カラー:5色から選択可能 

・扉の開閉:片開きの商品は左右変更可能

・扉レールの素材:アルミレール 

・扉レールの仕様:下戸車式

・板厚:壁パネル(スタンダード):0.6mm

   :壁パネル(ハイルーフ):0.7mm

   :扉は共通0.8mm

・カギ:シリンダー錠(ダイヤル式仮ロック機能付)

・塗装:サビに強い亜鉛鋼板に焼付高級ウレタン塗装

・積雪耐荷重:315Kg f/m² 基準は約1m

・床耐荷重:600Kg f/m²

・棚板耐荷重:200~250Kg f/m²

ヨド物置画像

引用元:株式会社淀川製鋼所 

  ヨド

こちらでは機能性と収納性を兼ね備えた中大型物置Mr.ストックマン[ND型]をご紹介いたします。

・ガルバリウム鋼板を使用しているので「サビ」 に強い!加工前の塗装でより強い!

・下レールがないためゴミがたまらない。寒冷地での凍上対策に効果抜群。

・屋根まわりは雨筋のつきにくい「汚れんコーティング」

・カラー:5色から選択可能 

・扉の開閉:片開きの商品は左右変更可能

・扉レールの素材:扉下レールがないので凍上にも安心

・扉レールの仕様:連動吊り戸方式扉(一部除外あり)

・板厚:壁パネル:0.5mm

   :扉:0.6mm(Hタイプは0.8mm)

・カギ:一般錠(仮ロック機能付)

・塗装:サビに強いガルバリウム鋼板に焼付塗装

・積雪耐荷重:300Kg f/m² 基準は約1m

・床耐荷重:600Kg f/m²

・棚板耐荷重:200Kg f/m²

タクボ物置画像

引用元:株式会社田窪工業所

  タクボ

こちらでは機能性と収納性を兼ね備えた中大型物置エルモ[LMD型]をご紹介いたします。

独自の柱構造で頑丈設計!ねじれに強い!

・握り取っ手、仮ロックの操作性抜群!

・扉が軽くて静かな連動吊り戸(特許取得済)

・カラー:4色から選択可能 

・扉の開閉:片開きの商品は左右変更可能

・扉レールの素材:上部:スチール

        :下部:アルミ

・扉レールの仕様:連動吊り戸

・板厚:壁パネル:0.4mm

   :扉:0.6mm

・カギ:シーソー式錠(ワンボタン仮ロック機能付)

・塗装:サビに強い特殊亜鉛鋼板に高級焼付塗装

   :屋根材はガルバリウム鋼板

   :柱関係は全てZAM採用

・積雪耐荷重:300Kg f/m² 基準は約1m

・床耐荷重:600Kg f/m²

・棚板耐荷重:200Kg f/m²

 

ダイケン物置画像

引用元:株式会社ダイケン

  ダイケン

こちらでは強度に優れサイズバリエーションが豊富な中型物置ガーデンハウス[DM-Z型]をご紹介いたします。

耐久性がありながら他メーカーと比較すると圧倒的なコストパフォーマンス

・操作性の良いノブの大きな錠前を採用

・下レールの凹凸がないのでゴミ・砂詰まりの心配 が有りません。積雪地域での凍上にも配慮。

・カラー:2色(マカダムグリーン・ナチュラルホワイト) 

・扉の開閉:左右変更可能

・扉レールの素材:上部アルミレール

・扉レールの仕様:吊り戸方式扉(上部ローラー方式)

・板厚:壁パネル:0.5mm

   :扉:0.5mm

・カギ:シリンダー式(仮ロック付)

・塗装:サビに強いカラーガルバリウム鋼鈑

・積雪耐荷重:450Kg f/m² 基準は約1.5m

・床耐荷重:600Kg f/m²

・棚板耐荷重:200Kg f/m²

2.おすすめ購入時期

  展示品が圧倒的にお得

ほとんどのホームセンター では1年に1度展示品の入れ替えのために展示品を値下げして販売しております。

その価格が圧倒的にお買い得です。

メーカー希望小売価格の50%オフで販売していることもあります。

約1年間雨・風にさらされ多少汚れキズがあるかもしれませんが全く問題ありません。

展示品の値下げになるのを待って購入するのが圧倒的コスパが良いです。

  展示品はいつでも販売してるの?

私が住んでいる東北では10月〜12月にかけて展示品処分を開始しております。

地域やお店によって異なると思います。

購入が10月でもお渡しが12月以降だったりします。

気になる方は事前にお近くのお店にご確認することをおすすめします。

3.おすすめはメーカーは「やっぱりイナバ」

イナバ物置は丈夫であることにこだわり壁などの材料に厚みがあり頑丈で耐久性に優れています。

塗装は重ね塗り加工のほか外部に高級ウレタン塗装を施しています。

また信頼性を高めるための荷重試験や雨水侵入試験など独自の厳しい耐性試験を実施しています。

私は耐久性を重視してイナバ物置を購入しました。

ということで

イナバ物置展示品を購入することをオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございます。

【体験談】物置のアンカー工事の費用ってどのくらい?必要性も解説物置のアンカー工事代の費用ってどのくらいかかるか分からないですよね?本記事は物置のアンカー工事代の疑問を解決できます。 物置の購入を検討の方はぜひ本記事をご覧下さい。...